HOME > 肌荒れの原因 ピーリング

肌荒れの原因 ピーリング

ピーリングは古い角質を剥がし、新しい角質を表面に出し、
皮脂の分泌を正常化させるなどの作用を促します。

しかし、良いことばかりではなく、
肌荒れの原因となる場合もありますので、注意が必要です。

ピーリングのデメリットとして特に多いのが、
古い角質だけでなく必要な角質まで剥がしてしまうこと。

必要な角質が剥がれてしまうことで、
角質層の水分を保てなくなりやすく、乾燥肌になりやすいです。

乾燥した肌は、肌に良くないものから肌を守る機能が低下している状態なので、
様々な肌トラブルにも発展しかねません。

頻繁にピーリングを行うのは、まずやめた方が良いと言えます。
乾燥肌、敏感肌の方も、ピーリング的なスキンケアは控えることをおすすめします。

また適度にピーリングを行うとしても、
その後は化粧水などで、しっかりと保湿ケアをおこなうことが大事です。

さらに言えば、お肌を乾燥させないためには、化粧水を角質層まで浸透させるだけでなく、
角質層に与えた潤いを逃がさないことが大事です。

保湿ケアをしても、肌が乾燥してしまうという方は、
皮膚の水分保持能を改善を促すライスパワーNO11エキス(保湿成分)を配合した化粧水が良いです。

※ライスパワーNO11は厚生労働省で「皮膚の水分保持能を改善する」効能が認可されているエキスです



人気コスメを安く試してみたい方は ≫≫≫ 化粧品お試しセット比較ランキング




その他、肌荒れする原因の関連記事はこちら

  肌荒れの原因 ストレス

  肌荒れの原因 化粧品

  肌荒れの原因 生理

  肌荒れの原因 乾燥

  肌荒れの原因 生活習慣

  肌荒れの原因 食べ物

  肌荒れの原因 マスク

  肌荒れの原因 かゆみ

  肌荒れの原因 日焼け

  肌荒れの原因 ホルモン

  肌荒れの原因 毛穴

  肌荒れの原因 ダイエット

  肌荒れの原因 メイク落とし

  肌荒れの原因 ピーリング

  肌荒れの原因 美顔器

  肌荒れの原因 アレルギー

  肌荒れの原因 便秘