HOME > 妊娠中の肌荒れ

妊娠中の肌荒れ

妊娠中はホルモンバランスの変化によって、
極端な肌荒れがおきることもあります。

また妊娠によるストレスから、甘いものが食べたくなったり、
好みが大きく変化したり偏ったりと、食生活が乱れやすくなるのも肌荒れの原因。

妊娠中に限ったことではありませんが、バランスの良い食事をとり、
ビタミンCやビタミンEを中心にした食事をしていくと良いですね。

食事で健康だけで、お肌の状態をキープするのは難しいので、
スキンケアもしっかりと行ってあげる必要があります。

妊娠中は皮脂の分泌量が増えたり、肌が強く乾燥したりと、
お肌の状況変化が大きく変わる場合があります。

その様な状態は、さらなる肌トラブルにも発展しやすい状態なので、
お肌をいたわってあげたいですね。

保湿ケアのための化粧水では、石油系合成界面活性剤を使っていない、
無添加のものなど肌に優しい化粧水を使いたいです。

また、お肌の大敵となる乾燥を防ぐために、
潤いを角質層までスーッと浸透し、保湿効果に持続性のあるものを選びたいです。

たとえば※ライスパワーNo.11エキスの成分が含まれる化粧水であれば、
肌への浸透性にも優れるほか、角質の潤いを保つ機能を回復してくれますので効果的です。

※ライスパワーーNo.11は厚生労働省で「皮膚の水分保持能を改善する」効能が認可されているエキスです



人気コスメを安く試してみたい方は ≫≫≫ 化粧品お試しセット比較ランキング




妊娠と肌荒れの関係

  妊娠初期の肌荒れ

  妊娠中の肌荒れ

  産後の肌荒れ