HOME > 妊娠初期の肌荒れ

妊娠初期の肌荒れ

妊娠、約1ヶ月から3ヶ月の初期は、妊娠に気づくのが遅い方もいますが、、
ホルモンの影響によってメラニン色素が沈着しやすくなっている場合があります。

そのため妊娠初期の間にシミやソバカスなどの肌荒れが、
起きることも少なくありません。

また急に乾燥肌になってしまったなどの、
肌質の変化も、妊娠初期ではありがちなことです。

女性ホルモンが変化しやすくなっていますので、、
皮脂の分泌量が過剰に増えてしまうような方もいます。

過剰な分泌は毛穴につまり、ニキビなどの肌荒れを引き起こしやすいですし、
できるだけ清潔な、肌の状態を保ちたいです。

そのためには、洗顔&保湿が、大事です。 保湿は妊娠に限らず、肌の正常な機能を保つためにも必要なので、
妊娠初期に限らず、常日頃から保湿ケアを心がけるおきたいです。



人気コスメを安く試してみたい方は ≫≫≫ 化粧品お試しセット比較ランキング




妊娠と肌荒れの関係

  妊娠初期の肌荒れ

  妊娠中の肌荒れ

  産後の肌荒れ