HOME > 肌荒れの原因 妊娠

肌荒れの原因 妊娠

妊娠中の肌荒れは、生理の前後に肌荒れを起こしていたという方が、 妊娠初期に強く感じることが多い傾向にあるようです。

妊娠中はホルモンのバランスが変化から、
メラニン色素も増えやすく、色素沈着も起こりやすくなります。

ただ肌が荒れるだけでなくシミやシワなどの重大な肌トラブルにも、 発展しやすい状態ですので、妊娠中の肌荒れは十分に警戒したいです。

ホルモンバランスを正常に保つためにも、
十分な睡眠や食事、適度な運動を生活に取り入れるも良いかもしれません。

まやホルモンの影響で肌質が変わっていたり、肌が敏感になっていることがありますので、

刺激の少ない洗顔料や、肌に優し化粧品を使うと良いです。

低刺激かつ保湿を考えたスキンケアを心がけていくと、
肌トラブルの改善にも繋がります。

洗顔の仕方や、洗顔後の化粧水の保湿は、妊娠中に限らず、
日頃から注意しておくと良いでしょう。

洗顔は、洗顔方法によって肌への刺激をグッと抑えることができますが、
化粧水は使い方で差が生まれませんので、しっかりと選びたいです。



人気コスメを安く試してみたい方は ≫≫≫ 化粧品お試しセット比較ランキング




その他、肌荒れする原因 -番外編- の関連記事はこちら

  肌荒れの原因 赤ちゃん

  肌荒れの原因 妊娠

  肌荒れの原因 花粉症

  肌荒れの原因 髭剃り

  肌荒れの原因 男性