HOME > 肌荒れ時の化粧水

肌荒れ時の化粧水

化粧水に限らず、クリームやファンデーション、乳液には、
油脂と水を分離させないには欠かせない界面活性剤が使われていることがあります。

しかし界面活性剤のなかでも、石油系合成界面活性剤は、
皮膚のたんぱく質を破壊する性質がありますので、角質層への刺激にもなります。

肌荒れ時はライスフォースのような石油系合成界面活性剤、
着色料が未使用で、お肌に優しい弱酸性の化粧水が良いです。

そして肌荒れを悪化させないように優しく洗顔して汚れを落とした後、
化粧水で肌に十分な水分を与えて保湿を行うようにしましょう。

肌を保湿して乾燥を防ぐことに加え、化粧水でお肌を弱酸性に保つことで、
肌荒れの原因となる不要な雑菌の発生も抑えます。

化粧水を使ってみて肌が荒れてしまったという方は、石油系合成界面活性剤を
使っていないことや弱酸性の化粧品であるかに注目して、選んでみてくださいね。

成分表示欄での表記の判断基準としては、「ラウリル〜」、「アルキル〜」、
「トリエタノールアミン(TEA)」は石油系合成界面活性剤です。

ちなみに日常的に界面活性剤を使って実験、研究している女性の方も、
化粧品を選ぶ時に、肌にやさしい界面活性剤かどうかチェックしているそうです。



人気コスメを安く試してみたい方は ≫≫≫ 化粧品お試しセット比較ランキング




肌荒れの治療と対策の関連記事はこちら

  肌荒れ時のスキンケア

  肌荒れ時のサプリメント

  肌荒れ時の栄養ドリンク

  肌荒れ時の漢方

  肌荒れ時の化粧水

  肌荒れ時の皮膚科