HOME > 肌荒れの原因 ホルモンバランス

肌荒れの原因 ホルモンバランス

女性ホルモンが多く分泌されている時は、色素沈着を増やす働きをする卵胞ホルモンや、
皮脂分泌を活発にする黄体ホルモンが原因で、肌荒れを起してしまうこともあります。

特に生理中はこれらのホルモンが活発に活動しますので、
肌荒れなどの症状として、あらわれることが多いです。

ホルモンバランスを整えることは難しいですが、
やはり規則正しい生活が、基本となります。

またホルモンが活発になっている時は皮脂分泌が増えていますので、
毛穴が詰まりやすくなっていますので、洗顔で清潔に保つことが大事です。

そして化粧水でしっかりと保湿も行い、お肌に潤いを与えましょう

化粧水はライスフォースなど、角質層までしっかりと水分を浸透させて、
長時間お肌の潤いをキープできるものを使うのがいいでしょう。

ホルモンバランスが乱れている時は、
いつも以上の丁寧なスキンケアを心がけて下さい。



人気コスメを安く試してみたい方は ≫≫≫ 化粧品お試しセット比較ランキング




その他、肌荒れする原因の関連記事はこちら

  肌荒れの原因 ストレス

  肌荒れの原因 化粧品

  肌荒れの原因 生理

  肌荒れの原因 乾燥

  肌荒れの原因 生活習慣

  肌荒れの原因 食べ物

  肌荒れの原因 マスク

  肌荒れの原因 かゆみ

  肌荒れの原因 日焼け

  肌荒れの原因 ホルモン

  肌荒れの原因 毛穴

  肌荒れの原因 ダイエット

  肌荒れの原因 メイク落とし

  肌荒れの原因 ピーリング

  肌荒れの原因 美顔器

  肌荒れの原因 アレルギー

  肌荒れの原因 便秘